FXシステムトレード

FXシステムトレードの紹介です。FX(外国為替証拠金取引)を感情に左右されないシステムトレードを活用して確実に稼ぎましょう。

FXシステムトレードとは?

FXシステムトレードは、人間の感情的なもの・主観的なものをすべて捨てて、客観的・機械的にトレードを実施するためのものです。

FXをやっていると、市場の動きを予想するために時間をかけて新聞やニュース、あるいは本当かどうかわからないインターネット上の情報まで調べたりしがちです。
また、儲かっていると「もう少し」と欲がでたり、逆に損をしていると「もう少し戻してから」と損切りができなかったりします。

FXシステムトレードによって、こういった人間性を排除し、機械的に売買する仕組みをFXシステムトレードと呼びます。

FXシステムトレードとは、

  1. 過去のデータと現在のデータを入力
  2. 設定してあるルールで、現在の市場を客観的に評価
  3. 売買のタイミングを指示
をするものです。このため、利用者はFXシステムトレードの指示通りに売買を繰り返すだけです。



FXシステムトレードのメリット

FXシステムトレードを使った場合、以下のようなメリットがあります。

  • 相場予想のための情報収集をする必要がない。

    上にも書きましたが、相場予想をするための情報収集には膨大な時間がかかってしまいます。FXシステムトレードならこういった時間をかける必要がありません!

  • 売買タイミングを考える必要がない。

    いくら相場情報を集めても、それらを元に相場の動きを予想し、売買のタイミングを適切に決めるのは大変むずかしいものです。FXシステムトレードなら、過去のデータを元にルールに従って売買タイミングを決めてくれます。

  • 損切りを確実にできる

    多くのFXトレーダがいっているとおり、損をした場合には確実に損切りを実施し、売買を継続することが大切です。しかしながら実際には損切りをして損を確定するのはためらうものです。FXシステムトレードを使えば、ためらうことなく損切りを実施することができます。



FXシステムトレードのデメリット

メリットばかりに見えるFXシステムトレードですが、欠点もあります。
FXシステムトレードを実行するには、市場のデータを元に売買タイミングを決めるロジックを持ったソフトウェアが必要となります。このロジックを作るためには、過去の膨大なデータが必要となってきます。つまり、FXシステムトレードは、過去のデータからいつが買い時か、あるいはいつが売り時かを判断するので、それに必要なデータとロジックが必要なのです。


FXシステムトレードソフトウェア

でも心配はありません!確かにフリーで出回っているFXシステムトレードのソフトウェアは、データの入力もロジックも自分で入れてやる必要があります。しかし、市販のFXシステムトレードのソフトウェアを購入すれば、ロジックがついてきます。自分で苦労してロジックを作りあげる必要はありません。
もちろん、ほとんどすべてのFXシステムトレードソフトウェアがロジックを変更することができるようになっています。ただし、ロジックを作り上げるには、ロジックにもとづく売買を繰り返し、その成功・失敗経験からロジックを修正するという作業が必要となってきます。

100%の勝率・損切りなし「FX常勝バイブル」

100%の勝率・損切りなし!「FX常勝バイブル」

FXのシステムトレードといいながら、これは「人間系」によるシステムトレードとなります。
つまり、ソフトウェアが売り買いを指示するのではなく、このバイブルの販売者からメールがきます。
でも、心配しないでください。常にパソコンに向かっている必要はありません。売買予約を入れておけばいいだけです。実際、1日10分以内の作業とのことです。

これのすごいところは、これまでの購入者に損をした人がいないだけでなく、「損切り」さえもしていないということです。つまり、うまく売買する通過を選び、ポジションを選ぶことで、「損きり」のリスクさえもなくしてしまったのです!

信じられないかもしれませんが、まずはこちらを見てみてください。
◆FX常勝バイブル◆100%の勝率で月間利益25%以上を稼ぐ!

copyright©FXシステムトレード情報 All Rights Reserverd.